給料ファクタリングは個人の即日現金調達法

金融ブラックな人でもお金を借りられる

給料ファクタリング

給料ファクタリングと消費者金融をメリットデとメリットから徹底比較!

投稿日:

どうしても給料が上がらない、働き方改革で残業が禁止されてしまい残業代がなくなった・・・このような苦しい状態になっている方がたくさんいるようです。

「こんな給料では暮らしていけない!」「頑張って節約してきたけど、もはや限界!節約するお金もない!」なんて愚痴もよく聞きます。

そんなあなたの資金調達を助けてくれるのが、消費者金融や給料ファクタリングです。

この2種類のシステム、メリットとデメリットをしっかり確認して、二つの違いを押さえて、賢く使い分けましょう。

※会社紹介個所にリンクするバナー掲載

給料ファクタリングのメリットとデメリット

給料ファクタリングは、給料債権(次の給与支払い日に支払われる予定の給料)をファクタリング会社に買い取ってもらい、給与支払い日前に現金化する制度です。

給料前借のようなもので、給料日前にお金を手にすることができます。

これは、一般的な銀行の融資や消費者金融とは全く異なる制度で、借金ではないのです。

では、給料ファクタリングにどんなメリットとデメリットがあるのか、ご説明しましょう。

給料ファクタリングのメリットは?

融資ではないため審査が通りやすい、というのが大きなメリットです。

給料ファクタリングの審査は、融資のようにあなた自身を審査するのではなく、給料が確実に支払われるかどうか、給料支払元の会社の信用度を審査します。

このため、審査にかかる時間は短く、審査もパスしやすいです。

さらに、申込みから振込までの時間が短いのもメリットで、最短数時間で現金化できる業者もあります。

「即日振込可」なんて宣伝している消費者金融に比べて、格段の早さです。

お金がピンチな緊急事態には、この速さは助かります。

また、消費者金融などでお金を借りることができない金融ブラックの方でも、給料ファクタリングでお金を手に入れることができます。

給料ファクタリングのデメリットは?

審査が甘い、現金化スピードが速いというメリットにばかり注目してしまいますが、デメリットも確認しておく必要があります。

高い手数料が大きなデメリットです。

ファクタリングは融資ではないため、貸金業の利息上限法の対象外だからです。

手数料は、ファクタリング会社だけでなく、給料支払元の信用度にも変わりますが、給料ファクタリングの手数料の相場は、20%前後になります。

10%前後と条件が良い場合もありますが、ほぼほぼ20%ぐらいになるでしょう。

給料ファクタリングでは、給料予定額から手数料を差し引いた金額を振り込んでもらえます。

そして、給料が振り込まれたら、その全額をファクタリング会社に返金しなければなりません。

また、ほとんどの給料ファクタリング会社は信用して利用できる会社ですが、なかには悪徳業者や闇金などもありますので、間違えないように注意が必要です。

※手数料相場ページへリンク

消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融のメリットとは?

消費者金融とは、一般的な個人にお金を貸すこと、ノンバンクと呼ばれる銀行以外の会社が提供しているローンのことです。

大きなメリットは、担保や保証人が無くてもお金を借りることができ、最短で即日融資を受けられることです。

怪しい消費者金融会社は少なく、見たことのない中小零細の会社を選ばない限りは、安心して利用できるでしょう。

消費者金融の金利は銀行の融資に比べて高いですが、給料ファクタリングの手数料よりは低いでしょう。

消費者金融でお金を借りる場合は、金利の高さを考えると、一回だけ、短期的に借りるのが良いでしょう。

消費者金融のデメリットは?

消費者金融のローン額の上限は、給料ファクタリングより高い場合が多いです。

初回の限度額は50万円!なんてビックリする金額を提示されたりしますが、その代り利息上限法の上限の高金利で、高額な利子を払うことになってしまうデメリットもあります。

消費者金融の金利は、給料ファクタリングの手数料よりは低いですが、払う利子の金額が高いことには変わりません。

消費者金融からお金を借りる場合は、計画的に借りるようにしましょう。

即日融資可、なんて宣伝していますが、審査に通るかどうか分かりません。

消費者金融の審査は、あなたの返済能力、信用度を審査するため、審査に通らないこともあります。

実際のところは、入金までに多少の時間がかかることもあるようです。

消費者金融でも、給料ファクタリング同様、街金や闇金などという怪しげな会社もあります。それらの会社とかかわりを持つと大変なことに巻き込まれますから、注意が必要です。

給料ファクタリングと消費者金融の違いを理解したうえで選んで使おう!

給料ファクタリングと消費者金融の違いのポイントは、融資(借金)かどうか、です。

このために、審査が通りやすいかそうではないか、手数料か金利かという違いあります。

お金が無い緊急事態に対応したい場合は、スピード面から給料ファクタリングが良いでしょう。

金融ブラックな人がお金に困った場合も、融資の甘い給料ファクタリングが選択肢でしょう。

そうではありますが、給料ファクタリングの手数料の高さは、高いといわれる消費者金融の金利よりもさらに高いこと、しっかり覚えておきましょう。

メリットとデメリットをしっかり理解して、無理なく返済できるように利用しましょう。

まとめ

給料ファクタリングと消費者金融の違いをご紹介しました。

どちらにもメリットとデメリットがあります。

それぞれの良い点、悪い点をしっかり理解したうえで、賢く利用するようにしましょう。
※会社紹介個所にリンクするバナー掲載

-給料ファクタリング

Copyright© 金融ブラックな人でもお金を借りられる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.