給料ファクタリングは個人の即日現金調達法

金融ブラックな人でもお金を借りられる

給料ファクタリング

給料ファクタリングの支払い遅延、不能はどうなる?

投稿日:

給料ファクタリングを利用してお金を手にできた時は、ほっと一息ついたことでしょう。

しかし、これですべてが解決したということにはなりません。
給料ファクタリングの会社に給料を前借しただけのことなので、そのお金はファクタリング会社に返さなければなりません。

ですが、返すつもりだった給料を別のローンの返済に充てたりして、ファクタリング会社に返す資金がなくなると、どうなるでしょう?

おそろしいストーリーになりそうですが、事前に知っておくのが大事です。
※会社紹介個所にリンクするバナー掲載

給料ファクタリングは分割返済できない

返済期日に全額きちんと返すことができなくなると、
「全額の返済はできなくなりましたが、2回に分けてならお返しできます。何とかなりませんか?」
という風に分割返済をお願いしたくなるでしょう。

ですが、給料ファクタリングは分割返済できません。

分割返済できないのは、給料ファクタリングが融資やローンではないのが理由です。
給料債権をファクタリング会社に買い取ってもらって、手数料を引いた金額を給料日前に現金化するのが、給料ファクタリングです。

分割で返済する場合、返済を待っている期間に利子が発生してしまいます。
こうなると、ファクタリング会社が貸金業法違反になってしまいす。

ファクタリング会社は違法なことをしたくはありませんので、どんなに頼み込んでもどうにもなりません。
分割返済はできないと覚悟したうえで、利用・返済計画を立てましょう。
5.返済方法ページへリンク

給料ファクタリングの支払い(返済)の延期は理由によっては可能性有

何度も言いますが、給料ファクタリングでは、給料債権をファクタリング会社に買い取ってもらって、手数料を引いた金額を給料日前に現金化しています。

あなたの勤務先の会社の給料支払いに遅延があって、返済期日に給料相当の金額をファクタリング会社に返済できない場合は、ファクタリング会社に相談しましょう。
給料の支払いが遅れている場合は、あなたの返済も延期してもらえる可能性があります。

ですが、どんな場合でも支払い延期に応じてもらえるわけではないでしょう。
やむを得ない事情の時だけだと認識しておきましょう。

給料ファクタリングの返済は、分割払いや期日の延期はできない、と覚悟したうえで、利用・返済計画を立てるのが賢明です。

給料ファクタリングの支払い(返済)ができなくなったら時の対策

「給料ファクタリングの支払いができない」なんて、あってはならないことだ、と、肝に銘じて利用しなければなりません。

申し込みするときは、「支払いができない」なんて事態を予想しているわけではないでしょうし、人生、いつ何が起るか分かりません。

給料ファクタリングの支払いができなくなった時に取れる対策を、2つご紹介します。
あまり賢い方法ではないので、こういう事態は避けましょう。

あなたが金融ブラックでなく、消費者金融でお金を借りることができる場合、給料ファクタリングの返済分を消費者金融で借りて、返しましょう。
消費者ローンの金利も高金利ですが、給料ファクタリングの手数料よりは安いです。

金融ブラックで、消費者金融から借りることができない場合は、ファクタリング会社間での借り換えを検討してみましょう。

消費者金融で借りても、給料ファクタリングで借り換えても、完全に返済できるわけではありません。
どちらも対処療法でしかなく、こんなことを長く続けるわけにはいきません。

もし、このどちらもできず、にっちもさっちもいかなくなったら、金融問題に強い弁護士さんか司法書士さんに相談してみましょう。

こうなってくると、緊迫した事態です。
なんとかなるなんて甘く考えていないで、すぐに行動すべきです。

実際に支払い延滞、支払い不能になったときに起こること!覚悟すべき3段階の事態!

支払期日に返済できなかったら、あなたに何が起るか、順を追って3段階、小委介しておきます。

返済しなかったときに起こること 第1段階

まず、支払いの督促状が届きます。
この段階では、「お支払いが確認できませんが、どうされましたか?」といったていねいな文面です。
どのような結果になるか分かりませんが、督促状が届く前にファクタリング会社に連絡して事情を説明しましょう。

返済しなかったときに起こること 第2段階

勤務先の会社や家族にも連絡が届きます。
給料ファクタリングを利用したことが、勤務先の会社にばれてしまいます。
また、家族にも心配や迷惑をかけてしまいます。

返済しなかったときに起こること 第3段階

ファクタリング会社から、損害賠償請求が出ます。
あなたが隠れても、必ず見つけ出します。こうなったら修羅場です。
この段階までここまで事態を悪化させないよう、早めに対策をしましょう。
早めに、弁護士、司法書士に相談するのが良いでしょう。

まとめ

給料ファクタリングの返済を延滞したり、返済できなくなった場合に予想される最悪のシナリオをご紹介しました。

督促状から先の段階に進んでしまうと、普通の人に解決できる状態ではなくなってしまいます。
ファクタリング問題に強い弁護士などに相談しましょう。

給料ファクタリングの返済の延滞や返済不能という事態は、あってはならないことです。
給料ファクタリングを利用する前に、しっかり頭に置いておきましょう。

-給料ファクタリング

Copyright© 金融ブラックな人でもお金を借りられる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.